“京極高次”の読み方と例文
読み方割合
きょうごくたかつぐ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
明智の一将阿閉淡路守と、それに組みした京極高次一族などの逃げっている小城である。
新書太閤記:08 第八分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
すなわち長女の茶々は、のちに大坂城での淀君となり、初姫京極高次の室となった。
新書太閤記:04 第四分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
一の姫の茶々は、秀吉の側室に入って淀君となり、次の姫は、京極高次の正室に。
新書太閤記:09 第九分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)