“京極三太郎”の読み方と例文
読み方割合
きょうごくさんたろう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
京極三太郎——この大名の若者のような名前を持った、実は貧乏なルンペン文士がその第四次元の世界の探検者であります