“京極丹後守”の読み方と例文
読み方割合
きょうごくたんごのかみ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
隣藩である宮津の京極丹後守出石仙石左京之亮などの家中からも、馬術の名人をすぐって参加させるのが慣例であった。
剣難女難 (新字新仮名) / 吉川英治(著)