“交路”の読み方と例文
読み方割合
つじ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
たちまち妖魔怪物のごとく飛び出でて、彼を囲めり、今は驚く気力も消え、重傷を負いたる人のごとく重き歩みをきずりつつ、交路に立てる石仏の前を横ぎり、秋草茂れる塚を過ぎ
空家 (新字新仮名) / 宮崎湖処子(著)