“交叉路”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
こうさろ100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“交叉路”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
——その遠くの交叉路こうさろには時どき過ぎる水族館のような電車。
冬の日 (新字新仮名) / 梶井基次郎(著)
そこはまた交叉路こうさろでまた人通りが混んでいる。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)