“筋違御門”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
すじかいごもん75.0%
すじちがいごもん25.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
昌平橋と筋違御門との間の加賀原という淋しいところへ来ると、向うから数多の人と提灯、どうも役人らしいので与八も困って前後を見廻すと
大菩薩峠:02 鈴鹿山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
今度は、わりに長く江戸にとどまっていて、神田筋違御門ぎわの修理太夫の下屋敷から、こうして三日に上げず、この惣平次の番所へ遊びに来るのである。
若松屋惣七とお高は、途中で駕籠を拾おうということになって、柳原の土手を筋違御門のほうへ歩き出したが、お高は、父が、あまりそっけないので、若松屋惣七に気の毒でならなかった。
巷説享保図絵 (新字新仮名) / 林不忘(著)