“事訳”の読み方と例文
読み方割合
ことわけ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
御朱印付の天神様境内で喧嘩してもお前さんも立派な先生、私も角力の端くれ、事訳知らぬ奴じゃ、天神様の社内をした物を知らぬといわれてはお互に恥じゃ
真景累ヶ淵 (新字新仮名) / 三遊亭円朝(著)
この間奥畑の訪問を受けて以来の事訳を語り、雪子ちゃんの縁がきまってからでよいので、急ぐことではないけれども、いずれあの二人は一緒にさせなければならないであろう
細雪:01 上巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
「姉さん、今いろいろあんたはんから聞きました事訳はあらまし私から兄さんにお話して兄さんも心よう納得してくりゃはりましたよって、それはどうぞ安心しておくれやす……」
霜凍る宵 (新字新仮名) / 近松秋江(著)