“乳灰色”の読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
にゅうかいしょく100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“乳灰色”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
二十年も前に、機能をやめてしまった乳灰色にゅうかいしょくの彼の眼は、毎日のように、天を仰いで、無気味な呪いを発散するのだった。
二人の盲人 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)
藤木の声が玄関に聞こえた。玄石は瞑想から覚めて、ぎょろりと乳灰色にゅうかいしょくの眼球を回転さした。彼は、何か秘密を見破られた時のようにおびえた。
二人の盲人 (新字新仮名) / 平林初之輔(著)