“九紋龍”のいろいろな読み方と例文
新字:九紋竜
読み方(ふりがな)割合
くもんりゅう75.0%
きゅうもんりゅう25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“九紋龍”を含む作品のジャンル比率
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.1%
文学 > 日本文学 > 評論 エッセイ 随筆0.0%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
「はい。背に九ツの龍の刺青いれずみをしているので、人は綽名あだなして、九紋龍くもんりゅう史進と私をよんでおります」
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
私は唯だ来春らいはる、正月でなければ遊びに来ない、父が役所の小使こづかい勘三郎かんざぶろうの爺やと、九紋龍くもんりゅうの二枚半へうなりを付けて上げたいものだ。
(新字新仮名) / 永井荷風(著)
石榴口には花鳥風月かちょうふうげつもしくは武者絵などが画いてあって、私のゆく四丁目の湯では、男湯の石榴口に『水滸伝すいこでん』の花和尚かおしょう九紋龍きゅうもんりゅう、女湯の石榴口には例の西郷・桐野・篠原の画像が掲げられてあった。
思い出草 (新字新仮名) / 岡本綺堂(著)