“丸儲”の読み方と例文
読み方割合
まるもう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
座元は丸儲けでさあ。ホラ、ごらんなさい。入口からああしてゾロゾロ見物が出て来るでしょう。みんな中途で引返すんでさあ。
悪魔の紋章 (新字新仮名) / 江戸川乱歩(著)
新聞が先に立って、狂介々々と呼びずてにするから、市中のものまでが、やれ狂介権助丸儲けじゃ、萩のお萩が何じゃ、かじゃと、つまらんことを言いすようになるんじゃ。怪しからん。
山県有朋の靴 (新字新仮名) / 佐々木味津三(著)
俗にいわゆる丸儲けなるものはなきはずなり。
日本男子論 (新字新仮名) / 福沢諭吉(著)