“不寝番”のいろいろな読み方と例文
読み方(ふりがな)割合
ねずのばん57.1%
ねずばん35.7%
プエユウル7.1%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
“不寝番”を含む作品のジャンル比率
芸術・美術 > 演劇 > 大衆演芸1.6%
文学 > 日本文学 > 小説 物語0.3%
文学 > 日本文学 > 小説 物語(児童)0.1%
(注)比率=対象の語句にふりがなが振られている作品数÷各ジャンルの合計の作品数
若「丑刻過ひけすぎ不寝番ねずのばんの係で新助しんすけの係りではございませんからわたくしの係りになります」
不寝番ねずのばんが油を差しに来た時も、ちょっと驚かされたけれども、やっぱり無事に眠っているものだから、安心して行ってしまいました。
大菩薩峠:19 小名路の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
深更、暁明よあけ、二度目の、おとないの響きに、今度は、宿屋の、不寝番ねずばんも、うたたねから目を醒されたのであろう——
雪之丞変化 (新字新仮名) / 三上於菟吉(著)
お梅が帽子と外套を持ッて来た時、階下したから上ッて来た不寝番ねずばんの仲どんが、催促がましく人車くるまの久しく待ッていることを告げた。
今戸心中 (新字新仮名) / 広津柳浪(著)
竜太郎は広間を横切って不寝番プエユウルの部屋へ駆けて行った。不寝番は、ちょうど寝床に入ろうとしていたところだった。
墓地展望亭 (新字新仮名) / 久生十蘭(著)