“不偏不党”の読み方と例文
読み方割合
ふへんふとう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
子規をみて何だと聞くと妓楼だと答えた。余は夏蜜柑を食いながら、目分量で一間幅の道路を中央から等分して、その等分した線の上を、綱渡りをする気分で、不偏不党って行った。
京に着ける夕 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)