“下連雀”の読み方と例文
読み方割合
しもれんじゃく100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
馬場の生家は東京市外の三鷹村下連雀にあり、彼はそこから市内へ毎日かかさず出て来て遊んでいるのであって、親爺は地主か何かでかなりの金持ちらしく
ダス・ゲマイネ (新字新仮名) / 太宰治(著)
一ばん永く住んでいたのは、三鷹町下連雀の家であろう。大戦の前から住んでいたのだが、ことしの春に爆弾でこわされたので、甲府市水門町の妻の実家へ移転した。
十五年間 (新字新仮名) / 太宰治(著)
すなわち、共に府下三鷹下連雀の住人なのである。私は角力に関しては少しも知るところが無いのだけれど、それでも横綱、男女川に就いては、時折ひとからを聞くのである。
男女川と羽左衛門 (新字新仮名) / 太宰治(著)