“下谷金杉”の読み方と例文
読み方割合
したやかなすぎ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
東京でも下谷金杉西念寺に、眼洗地蔵というのがありました。それから鼻欠地蔵だの塩嘗地蔵だのと、面白い名前が幾らもありました。
日本の伝説 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
致方がないから下谷金杉島田久左衞門という者の宅に居候の身の上、尊君にお目にりたいと思って居て、今日らず尋ね当りましたが、どうもした御身代で、お嬢様も御壮健でございますか
「じゃあ下谷金杉だな」
さぶ (新字新仮名) / 山本周五郎(著)