“下眼瞼”の読み方と例文
読み方割合
したまぶた100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そのくろずんだ紫色に変った顔には、眉の内端がへの字なりに吊り上り、下眼瞼したまぶたは重そうに垂れていて、口も両端が引き下っている。
黒死館殺人事件 (新字新仮名) / 小栗虫太郎(著)
能の仮面の泣き老女、そっくり老婆の顔であった。左の下眼瞼したまぶたに小指ほどの、大きな泣き黒子ぼくろが附いているので、一層その顔は悲しそうに見えた。
神州纐纈城 (新字新仮名) / 国枝史郎(著)
下眼瞼したまぶたはだらりと垂れて、刷毛はけで書いたように、幅の広い黒い隈ができていた。
深夜の市長 (新字新仮名) / 海野十三(著)