“上背”のいろいろな読み方と例文
読み方割合
うわぜい90.0%
うはぜ10.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
姉は幸子より又一層上背うわぜいがあり、小柄な義兄と並んで歩くと姉の方が高く見えるくらいであったが、それだけに四肢ししの肉づきもゆたかで
細雪:02 中巻 (新字新仮名) / 谷崎潤一郎(著)
無論、それと気がついてひるむ金吾ではありません。おのれッとおめいて、うしろへとびつくが早いか、上背うわぜいのある相手の体へ組みついて
江戸三国志 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
やさしくて、ほがらかな聲だつたが、濡雜巾を手にして立上つた姿は、たつぷり上背うはぜもある肥大なものだつた。
大阪の宿 (旧字旧仮名) / 水上滝太郎(著)