“上今井”の読み方と例文
読み方割合
かみいまい100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
上今井というところで、船を待つ二三の客が岸に立っていた。船頭はジャブジャブ水の中へ入って行って、男や女の客をって来た。砂の上を離れる舟底の音がしたかと思うと、又た艪の音が起った。
千曲川のスケッチ (新字新仮名) / 島崎藤村(著)