“三杯酢”の読み方と例文
読み方割合
さんばいず100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
半蔵も着物を改めて来て簡素なのしめの前にかしこまった。焼き海苔柚味噌、それに牡蠣三杯酢ぐらいの休めで、のやりとりもはじまった。
夜明け前:04 第二部下 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
... お猪口の中にあるのがそうですから一つ召上って下さい」中川「蕗味噌は結構ですね。私どもでは湯煮て三杯酢にしたり、佃煮にしたりしますが蕗味噌はどうします」
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)
日本料理の南瓜の三杯酢なんぞはあまり消化のい方でありません。
食道楽:秋の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)