“一泡”の読み方と例文
読み方割合
ひとあわ100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その代わりわたしの方がきかないから! 一泡ふかせてやるとも、お調べったら! お調べ、お調べ、さあお調べよう!
で一つ我身に覚えの無い事を知せ判事や警察官に一泡吹せてようじゃ無いか
血の文字 (新字新仮名) / 黒岩涙香(著)
日頃我れを武骨物と嘲りし優長武士に一泡吹かせんずと思ひけり。
滝口入道 (旧字旧仮名) / 高山樗牛(著)