“ヒサゴ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:ひさご
語句割合
66.7%
33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
中古以後、秋の相撲節スマフノセチに、左方の力士は葵花、右方はヒサゴ花を頭へ挿して出た。
河童の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
中古以後、相撲の節会に、左方の力士は葵花、右方の力士はヒサゴ花を頭へ挿して出たが、瓠は水に縁のあるものだつたので、水の神の所属のシルシらしく、葵は、それに対立する神の一類を示したのだと思はれる。
草相撲の話 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
人間であつた事も勿論あるが、ある国・ある家の神事に出る精霊役は、人形である事もあり、又鏡・ヒサゴなどを顔とした、仮りの偶人である事もあつた。