“カミワザ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:かみわざ
語句割合
神業66.7%
神態33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
かう言ふ風になると、どうしても、村々の若衆の男神ヰキイガミとしての神業カミワザの、全部芸能に傾いて来るのは、当然である。
組踊り以前 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
長く久しい御代ミヨ々々に仕へた、中臣の家の神業カミワザ
死者の書 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)
舞ひは、此神態カミワザヲサと言ふ風に解せられてゐる人長ニンヂヤウがするので、其も主として、初めの「採物トリモノ」に行はれる。
神楽記 (新字旧仮名) / 折口信夫(著)