“ウォッカ”の漢字の書き方と例文
語句割合
火酒100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その声は鈍く乱れしわがれ濁っていて、火酒ウォッカ焼酎しょうちゅうのどをつぶした老人のような声だった。
二つの銀の盃に、その火酒ウォッカはなみなみとつがれた。盃のふちは、りーんといい音をたてて鳴った。