“むろや”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ムロヤ
語句割合
50.0%
室屋50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
また來る日の夜は、呉公むかでと蜂とのむろやに入れたまひしを、また呉公むかで蜂のひれを授けて、先のごと教へしかば、やすく出でたまひき。
ここにその大神出で見て、「こは葦原色許男あしはらしこをの命といふぞ」とのりたまひて、すなはち喚び入れて、そのへみむろやに寢しめたまひき。
琅玕のおばしま、銀の両扉もろとびら※※らでん室屋むろや
第二邪宗門 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)