“またゝくひま”の漢字の書き方と例文
語句割合
瞬間100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
押取觀念しろと云ながら片端よりばらり/\と打拂ひければ瞬間に八九人の雲助共殘らずき倒され這々にて散々に逃行ける故半四郎は其儘打捨を早めて此所を
大岡政談 (旧字旧仮名) / 作者不詳(著)