“ふらふら”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
蓬々然50.0%
蹌踉50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
つい下の離れて唖々と飛び行くの声までも金色に聞こゆる時、雲二片蓬々然と赤城のより浮かびでたり。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)
かれは蹌踉とした。その時まで黙っていた彼の友達が右と左とから飛びつこうとした。私はまた革紐を鳴した。そのすきに私は足を蹴り上げられた。膝皿がしびれた。私は倒れた。
幼年時代 (新字新仮名) / 室生犀星(著)