“ふたくみ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
二組75.0%
両組25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
私達は二組ふたくみに別れて、雪合戦ゆきがっせんをするように納豆合戦をしました。
納豆合戦 (新字新仮名) / 菊池寛(著)
外にモー両組ふたくみ新しいのがありますけれども
食道楽:春の巻 (新字新仮名) / 村井弦斎(著)