“はいから”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ハイカラ
語句割合
這搦50.0%
高襟50.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
おんなが、這搦はいからまるか、白脛しらはぎ高く裾を払い、立ってすがるか、はらはらと両袖を振ったあおりに、ばっと舞扇に火が移ると、真暗まっくらな裏山から、さっの葉おろしするとともに、火をからめたまま、羽搏はばたいて扇が飛んだ。
卵塔場の天女 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
「フウム。このカニウレをめた奴は人間でも犬猫でもこの通りチョット高襟はいからに見えるから、一つ流行はやらしてやろうかと思っていたところじゃが、そんなに有害なものかのう」
超人鬚野博士 (新字新仮名) / 夢野久作(著)