“ハイカラ”のいろいろな漢字の書き方と例文
ひらがな:はいから
語句割合
高襟75.0%
洋髪25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
なぜかと云うと元来がんらいこの私と云う——こうしてフロックコートを着て高襟ハイカラをつけて、ひげやして厳然と存在しているかのごとくに見える、この私の正体がはなはだ怪しいものであります。
文芸の哲学的基礎 (新字新仮名) / 夏目漱石(著)
「おじさん、ひどい、間違ったら高島田じゃありません、やむを得ず洋髪ハイカラなのよ。」
貝の穴に河童の居る事 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)