“のいばら”のいろいろな漢字の書き方と例文
カタカナ:ノイバラ
語句割合
野茨93.8%
野薔薇6.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
紫陽花矢車草野茨芍薬と菊と、カンナは絶えず三方の壁の上で咲いていた。それはやかな花屋のような部屋であった。
花園の思想 (新字新仮名) / 横光利一(著)
菜穂子は毎日日課の一つとして、いつも一人で気持ちよく其処此処を歩きながら、野茨の真赤な実なぞに目をしませていた。
菜穂子 (新字新仮名) / 堀辰雄(著)
西片町のとある垣根の野薔薇
新版 放浪記 (新字新仮名) / 林芙美子(著)
野薔薇空にくゆりて
泣菫詩抄 (旧字旧仮名) / 薄田泣菫(著)