“なぶり”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
60.0%
20.0%
調戯20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「いやかい? いやんなって来たのかい私が。知ってるよ、いやなのは! そう云いな。何故だましてるんだ? どうして私をなぶりもんにしてるんだよ!」
ダミアの唄はなぶり殺しと按撫あんぶとを一つにしたようなものなのだ。
巴里の唄うたい (新字新仮名) / 岡本かの子(著)
「今夜は大分御機嫌だが」と昇も心附いたか、お勢を調戯なぶりだす。「この間はどうしたもンだッた? 何を云ッても、『まだ明日あしたの支度をしませんから』はッ、はッ、はッ、憶出すと可笑おかしくなる」
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)