“つきま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
搗交66.7%
月待33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
が、表面うわべはガラガラして江戸ッ子とアングロサクソンを搗交つきまぜた紳士形気を理想としていた。
あの行衛ゆくえ知れずになった犬というはポインターとブルテリヤの醜い処を搗交つきまぜたような下等雑種であって、『平凡』にある通りに誰の目にも余り見っともくないいやな犬であった。
二葉亭余談 (新字新仮名) / 内田魯庵(著)
熟田津にぎたづ船乗ふなのりせむと月待つきまてばしほもかなひぬいまでな 〔巻一・八〕 額田王
万葉秀歌 (新字新仮名) / 斎藤茂吉(著)