“つきまち”の漢字の書き方と例文
語句割合
月待100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
そうして女はまた女だけで、その一夜前の二十二夜に、集まって月待つきまちをしていたのであった。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
いわゆる五節供ごせっく三節供さんせっくには限らず、九月の秋祭、十月の、その他毎月の日待ひまち月待つきまちまでを、鹿児島県などではみんな折目おりめ節目せちめと呼んでいる。
年中行事覚書 (新字新仮名) / 柳田国男(著)