“だんちょう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
断腸93.3%
団長6.7%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
だのに、その静が、鎌倉に囚われているのに、救い出すことも出来なかったのだから、男としては断腸だんちょう、どれほどだったろうか。
随筆 新平家 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
関羽は、ふと、眼をしばだたいた。二夫人の境遇に考え及ぶと、すぐ断腸だんちょうの思いがわくらしいのである。
三国志:06 孔明の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
団長だんちょう約束やくそくしたのですから、いやだなどということはもちろん、ちょっとでもなまけることは出来ません。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)
新吉しんきちとわか姉さんは、きえちゃんに取りついてきました。新吉は泣きながら団長だんちょうに食ってかかりました。
曲馬団の「トッテンカン」 (新字新仮名) / 下村千秋(著)