“せつぺん”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
雪片75.0%
石片25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
一つ来てまぶたに煮ゆる雪片せつぺんの須臾とどまらず水とりにけり
黒檜 (新字旧仮名) / 北原白秋(著)
玻璃の窻棧のすき吹き吹きたまる雪片せつぺんしろし小夜ふけてける
白南風 (旧字旧仮名) / 北原白秋(著)
またこんな石片せつぺんうちにも
博物館 (旧字旧仮名) / 浜田青陵(著)