“じゃがいも”の漢字の書き方と例文
語句割合
馬鈴薯100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
ある日、音吉が馬鈴薯じゃがいもの種をかごに入れて持って来て見ると、漸く高瀬は畠の地ならしを済ましたところだった。
岩石の間 (新字新仮名) / 島崎藤村(著)
関翁が家の馳走ちそうで、甘藍の漬物つけもの五升藷ごしょういも馬鈴薯じゃがいも)の味噌汁みそしるは特色である。
みみずのたはこと (新字新仮名) / 徳冨健次郎徳冨蘆花(著)