“じぜんびょういん”の漢字の書き方と例文
語句割合
慈善病院100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
しかし、A病院は、いまも繁栄しているけれど、慈善病院は、B医師死後、これをがなかったためにびてしまいました。
三月の空の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)
こういうようなことがいてありました。終生独身ごした、B医師はバラックであったが、有志助力によって、慈善病院てたのは、それから以後のことであります。
三月の空の下 (新字新仮名) / 小川未明(著)