“じさくあに”の漢字の書き方と例文
語句割合
次作兄100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
といつて手先ると第一番次作兄いといふいのゝ(りやうまちす)が全快、おしさうなといつてをさすつてるとあたりの差込まつたのがある
高野聖 (新字旧仮名) / 泉鏡花泉鏡太郎(著)
といって手先へ柔かなると第一番に次作兄いという若いのの(りょうまちす)が全快、お苦しそうなといって腹をさすってやると水あたりの差込まったのがある
高野聖 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)