“じぐるま”の漢字の書き方と例文
語句割合
地車100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
よりに至るまで、腕車地車など一輌もぎるはあらず。美しき、富みたる寡婦、おとなしきなど、夢おだやかに日を送りぬ。
照葉狂言 (新字新仮名) / 泉鏡花(著)
地車のとどろと響く牡丹かな
郷愁の詩人 与謝蕪村 (新字新仮名) / 萩原朔太郎(著)