“しんこんひょうとう”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
神魂瓢蕩50.0%
神魂飄蕩50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
その女は年の十七八の紅裙翠袖の美人で、月の光にすかしてみると韶顔稚歯国色であるから、喬生は神魂瓢蕩で己を抑えることができないので、女のになりになりしていて往くと
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)
喬生は月のひかりでうと、女はまことに国色(国内随一の美人)ともいうべき美人であるので、神魂飄蕩、われにもあらず浮かれ出して、そのあとを追ってゆくと、女もやがてそれをったらしく
世界怪談名作集:18 牡丹灯記 (新字新仮名) / 瞿佑(著)