“紅裙翠袖”の読み方と例文
読み方割合
こうくんすいしゅう100.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
教坊府妓女たちが、演舞の余興をすまし終ると、たちまち、彼女らの紅裙翠袖は、この貴公子のまわりへ争って寄りたかり
新・水滸伝 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
その女は年の十七八の紅裙翠袖の美人で、月の光にすかしてみると韶顔稚歯国色であるから、喬生は神魂瓢蕩で己を抑えることができないので、女のになりになりしていて往くと
牡丹灯籠 牡丹灯記 (新字新仮名) / 田中貢太郎(著)