“しらきぬ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
白絹50.0%
素絹50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
この関野氏が、ある時支那の西域で発掘せられた木乃伊の鑑定を頼まれた事があつた。棺のなかには白絹で叮嚀に巻かれた屍体がはつてゐた。
振袖の三枚を掴みのけて、棺のに押し込みますと、その下から現われましたのは素絹に蔽われました顔、合掌した手首を白木綿で縛られている清らかな二の腕、紅友禅長襦袢
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)