“しょくみんち”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
植民地50.0%
殖民地50.0%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
いまの右手にえぞ富士が見える。火山だ。頭がたい。いた枕木でこさえた小さな家がある。熊笹っている。植民地だ。
或る農学生の日誌 (新字新仮名) / 宮沢賢治(著)
しかしさすがに声はかけず、鋭い眼付き一ツせず車掌の姿に注目していた。車の硝子窓から、印度や南清殖民地で見るような質素な実利的な西洋館が街の両側に続いて見え出した。
深川の唄 (新字新仮名) / 永井荷風(著)