“しゅくしゅ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
宿主33.3%
祝酒33.3%
触手33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
宿主しゅくしゅの疑惑 私は一日その寺に逗留とうりゅうして六月七日午前五時に出立しゅったつ、主人の厚意により五日間程馬で送ってくれることになりましたので、その馬に乗りギャンチェの町を通り抜けてツァンチュ川を渡り、南方へ指してだんだん進んで参りますとネーニンという尼寺あまでらがあります。
チベット旅行記 (新字新仮名) / 河口慧海(著)
いや左様でない、禁酒致しおる重三郎に、祝酒しゅくしゅとは云いながら屠蘇を勧めたはわしが悪かった、又酔っておる者に大切な物をもたして帰し、殊に夜中やちゅうなり、何うも私があやまり
なんだか急に、目に見えぬ長い触手しゅくしゅがヒシヒシと身体のまわりに伸びてくるような気がしてきました。
崩れる鬼影 (新字新仮名) / 海野十三(著)