“しもかも”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
下加茂66.7%
下賀茂33.3%
(注) 作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため、一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
さきごろ、下加茂の茶荘へふたりの密使が訪れてきて以来、次いで、二条城、或いは所司代の千本屋敷へ、江戸からの密書密使のたえまがない。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
人馬三千の列が、下加茂の河原まで来てんだとき、人々は期せずして、うしろを振り向いた。光秀も振りった。
新書太閤記:07 第七分冊 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
そこは、京の下加茂にある、所司代の茶荘であった。柳の並木を境に、梶井伏見家などの寮園があり、森の隣には日光別坊の屋根が緑青をのぞませている。
鳴門秘帖:06 鳴門の巻 (新字新仮名) / 吉川英治(著)
下賀茂の森であつた時雨は、丁度朝焼がしてゐるとすぐに時雨れて来たんで、甚だ風流な気がしたのを覚えてゐる。
一番気乗のする時 (新字旧仮名) / 芥川竜之介(著)