“しつかい”の漢字の書き方と例文
語句割合
悉皆100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わし悉皆しつかい世上せじやうことうとしな、はゝもあのとほりのなんであるので
うつせみ (旧字旧仮名) / 樋口一葉(著)
然るに悉皆しつかい成就の暁、用人頭の爲右衞門普請諸入用諸雑費一切しめくゝり、手脱てぬかる事なく決算したるに尚大金のあまれるあり。
五重塔 (新字旧仮名) / 幸田露伴(著)