“しおあ”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
潮合66.7%
汐合33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
わずかな食物を見つける以外に、何一つ身を労することもなく、ただ一心に風と潮合しおあいとの便宜を観察して、時節の到来をねらっていたという根気こんきのよさは
海上の道 (新字新仮名) / 柳田国男(著)
その潮合しおあいを見て、吾輩が出て行って、その眼の底に在る疲れ切った意識の力と、吾輩の眼の底に在る理智的の意識力とをピッタリと合わせながら『その女の屍体が、土の底に埋まったのはいつの事だ』と問いかけたものだから、サアわからなくなった。
ドグラ・マグラ (新字新仮名) / 夢野久作(著)
いい汐合しおあいに引上げたものだ、まさに甲賀流の極意! 村正どんは床の間へ帰って、長煙管でヤニさがって、それからあごを撫でていると、あとからあとからと、創痍満身そういまんしんの姿で聯合軍が引上げて来る。
大菩薩峠:40 山科の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
PR