“しおあい”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
汐合66.7%
潮合33.3%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
「待て待て、汐合しおあい水門みなとから伝馬が一そう、無提灯でこっちへ来るようだぞ」
大菩薩峠:06 間の山の巻 (新字新仮名) / 中里介山(著)
かなり社中の荷厄介にはなっていたらしく、さりとて松岡君は面目としてどうも社中の空気が困るから見合せてくれとは云ってこられなかろうと思われる、そこは我輩もよき汐合しおあいを見てと思っているうち新聞の方でとうとう堪え切れず
生前身後の事 (新字新仮名) / 中里介山(著)
起上たちあがッて部屋へ帰ろうとは思いながら、ついたちそそくれて潮合しおあいを失い、まじりまじり思慮の無い顔をして面白おもしろくもない談話はなしを聞いているうちに
浮雲 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)