“ざんぎゃく”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
残虐75.0%
惨虐25.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
どうして残虐ざんぎゃくな気持があとからあとから湧きだして、彼に露骨ろこつな言葉を吐かしたかが怪しまれだした。
星座 (新字新仮名) / 有島武郎(著)
しかし仙太がいずれその内にしゃべるのを恐れたカンカン寅は、残虐ざんぎゃくにも仙太に報酬ほうしゅうをやるといって呼び出した。
疑問の金塊 (新字新仮名) / 海野十三(著)
捜査課は総出で、現場へ急行した。なるほど橋の下に、惨虐ざんぎゃくの限りをつくして、バラバラの屍体したいが散らばっている。
一九五〇年の殺人 (新字新仮名) / 海野十三(著)
誰か、この平和な春の陽の下から、程なく、人間を焼く惨虐ざんぎゃくな煙が立ち昇ると思う者があるだろうか。
牢獄の花嫁 (新字新仮名) / 吉川英治(著)