“さいづちあたま”のいろいろな漢字の書き方と例文
語句割合
才槌頭80.0%
木槌頭20.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
長「お前さんのお蔭で大黒柱へ才槌頭さいづちあたま打附ぶッつけやした」
で、それが一旦昇降口へ吸込まれて、此処で又紛々ごたごたと入乱れ重なり合って、腋の下から才槌頭さいづちあたま偶然ひょっと出たり、外歯そっぱへ肱が打着ぶつかったり
平凡 (新字新仮名) / 二葉亭四迷(著)
「だからお前は妙痴奇林みょうちきりん唐変木とうへんぼく木槌頭さいづちあたまのおたんちんだってんだ。」