“これなくそろ”の漢字の書き方と例文
語句割合
無之候100.0%
(注)作品の中でふりがなが振られた語句のみを対象としているため一般的な用法や使用頻度とは異なる場合があります。
間然かんぜんする所なしとのみたゞ今となりてはに申すやうも無之候これなくそろ
もゝはがき (新字旧仮名) / 斎藤緑雨(著)
「浪子さんを思わざるの日は一日も無之候これなくそろ」。
小説 不如帰  (新字新仮名) / 徳冨蘆花(著)